ワッグル2月号掲載!

もう老い先短いことだし。
新しいことは積極的にトライしようと思っています。
12月に、新しいこと2つ。いずれもゴルフの仕事。

1つはワッグル(ゴルフ雑誌)の取材を受けたこと。
苦手克服シリーズ「30−50ヤードのアプローチ」。最近ペルツの伝道師と化しております私としては、恰好のネタでありました^^

絶賛発売中です。モノクロページなのが残念?ラッキー?ですが、ショートゲームにお悩みの方には少しでもお役に立つといいなと祈っています。

2つ目は、日テレ「ウルトラマンDASH」のテクニカルアドバイス。ハウジングセンターに行ってここからバンカーショットは可能かとか、起こりやすいミスは何か、とかを予想する仕事でした。

 

年明けに特番で放送されるそうですから、お楽しみに☆

Dave Pelz Scoring Game School Interview!

デイブ・ペルツのスコアリングゲームスクール_ 野村祥子

デイブ・ペルツ博士の設立したスクールでインストラクターを務めるプロのお二人にインタビューしました^^これを聞くだけでショートゲームが上達するかも!?https://www.gen-ten.jp/blog/201808_53154/アカデミア at 東千葉カントリークラブ(千葉) 野村 祥子「デイブ・ペルツ博士のスコアリングゲーム」https://www.gen-ten.jp/event/19142/

Posted by ゴルフコースレッスン GEN-TEN on Thursday, September 6, 2018

Dave Pelz’s Green Reading-2

前回のGreen Readingの記事で紹介した、「プロを含めほとんどのゴルファーは、本来狙うべきポイントである”True Break Point”から、1/3程度にしか曲がりを予想しない。構える方向やストロークを潜在意識が操作して足りない分を補い、偶然が重なってカップインしているだけなのだ」という話の続きです。

“Dave Pelz’s Green Reading-2” の続きを読む

Dave Pelz’s Green Reading

ペルツ博士のパッティングバイブル。

400ページのまさにバイブルのような本はストローク、グリーンリーディング、ラインよりスピードが大事、練習プログラム、などの章に分かれていますが、グリーンリーディングに最も多くのページが割かれています。ここから読み始めてみたところ、そこには衝撃的な事実が…!

“Dave Pelz’s Green Reading” の続きを読む

Whistling Straits Golf Course

行って来ました!

[read more=more less=less]

ウィスリング・ストレイツは、アメリカ中西部、ウィスコンシン州の一番大きな街、ミルウォーキーから1時間ぐらい北に上がった、Kohler(コーラー)という街にあります。
ウィスコンシンは日本ではあまり馴染みのない州かもしれません。アメリカの中西部、シカゴのあるイリノイ州の北側に隣接し、五大湖の1つミシガン湖の西側に位置します。ミシガン湖の東には私の住むミシガン州があります。

ウィスコンシンゆかりのビジネスといえば、オートバイのHarley Davidsonや高級紳士靴のAllen Admonds、またドイツ系の入植者が多かった歴史からビールの製造も盛んです。私のこよなく愛するSummer Shandyを作るLeinengugel’s(ライネンクーゲル)社はCoorsの傘下で、ウィスコンシンのChippewa Fallsにあります。私の冷蔵庫はいつもこんな感じ(笑)。

衛生陶器の会社Kohlerは、Delta、Moenと並びアメリカのメジャーブランドの1つで、Kohler, WIに本社があります。Whistling StraitsはこのKohlerの子会社が所有するリゾートコースです。

Whistling Straitsの敷地内にはThe StraitsコースとThe Irishコースがあり、20分ぐらい離れたところにある姉妹コースBlackwalf RunにはThe River とThe Meadowsがあり、すべて鬼才Pete Dyeと妻のAlice Dyeによって設計されました。特にThe Straitsコースは、2004年に初めてPGA Championshipをホストして一躍有名になり、その後も2010年、2015年に同大会を開催、2020年にはRyder Cupが行われます。

The Straitsコースでは、プレイヤー2人にキャディが1人つき、バッグを2つ担いでくれて、歩いてまわります。カート道はありません。18ホールにバンカーが800個あります。フェアウェイと少しだけあるラフを外すと、谷底の背の高い草(fescue)かバンカー地獄が待っています。すべてのショットの狙い所がピンポイント。

これがThe Straitsの1番ホール。

2010年、2011年、2014年に続き4度目のラウンド(=リベンジ)です。何度来ても、やっぱりスゴい。ティグラに立って、もしもし?どこに打って行くんですかぁ〜みたいなホールがたくさんあります。

向こうに見えるのは海じゃなくて、ミシガン湖。

狙ったところに振り抜けた時は快感ですっ。
ショートホールも油断は禁物。風は湖に向かって吹いていたので、巻いたらアウトです。平常心、自分との戦い。

グリーンは大きいところも小さいところもあり、スティンプは11.0。速かった。キャディが読んでくれるので、私にとって27パットは上出来。

18番のティショットの風景。正面の谷まで210ヤード。

上から見るとこんな感じでして…

フェアウェイ左のバンカーの右端を狙えと言われたのですが…
前回左へ巻いて手前のバンカーに入ってエライ目に遭ったのを覚えており…
まっすぐ狙ったらほんとにまっすぐ行ってしまい(笑)、谷の手前ギリギリでした…

そして、2打目の景色がこれ。アゲインスト、残り150ヤード。
やれやれ。笑いがこみ上げて来ます。
私だと6番アイアンぎりぎり。ちょっとライが悪かったし、何よりも浅いグリーンをキャリーでとらえる勇気がなかったので、グリーン手前右に確実に7番でレイアップ。ボギーでした。ここでパーだったら30台だったので、ちょっと悔しい。白/赤コンビで6037ヤード、女性のレーティングは75.3/134。46・40。

ラウンドの後、クラブハウス横にあるスナックバーで飲んだビールが美味しかったこと!爽やかなそよ風の吹く美しい1日でした。

前日はシカゴの悪天候のせいで飛行機が8時間遅れ、このまま飛ばなかったら車で夜中に7時間走ろうと覚悟していました。最初が大変でしたが、なんとか無事にトリップを遂行しました。

ミシガンに帰って来てから2ラウンドしましたが、なんかコースがフツーに見えてしまって…笑。またいつか来れるといいな。[/read]

Free Golf Tracker

ガーミンを教えてくれた人が、スゴいサイトも教えてくれました。

Free Golf Trackerという、無料のスコア分析ウェブサイトです。
https://freegolftracker.com/


[read more=more less=less]

コースを選んで、ここにひと手間かかるんですが、頑張ってラウンドの細かいデータを入力すると…

いろんなスタッツを表示してくれます。

スコア平均、Par3,4,5別のスコア平均、パット平均、バーディ・パー・ボギー・ダボの割合、ドライバーのフェアウェイキープ率(DIF)、ドライバーが左右にブレた率、パーオン率(GIR)、寄せワン率、サンドセーブ率など。

2ラウンド分しか入力していないのでなんだか物足りないグラフですが(笑)。

このサイトで何よりもスゴいのが、データ比較ができること。いろんな人が入力した多くのデータを集約して、ハンディ別の平均値を出しています。
ハンディ0の人たちと比べて、私はどの数字が悪いのかを出してみました。上の薄いブルーが私、下のネイビーがハンディ0の数字です。

全体的にスコアが私のほうが多いです(当たり前か)。特にPar3と5。バーディの数には大きな差が(0% vs 10.15%)。きゃーもっとバーディ!

バーディがない分Parの割合が高く、ダボがない分ボギーが多い。さらに見てみると…

やっぱりな、と納得する数字がパットにありました。パーオンしたときのパット数(Putts/GIR)と、寄せワンを狙ったときのパット数(Putts/Up&Down)。パーオン時のパット数に0.23/hole、寄せワン時のパット数に0.22の差が。0.23に18をかけると4.14、つまり18ホールで4つもスコアが変わって来る。

Scrambleは、パーオンしなかった時にパーあるいはそれ以下で上がる確率。ツアーではこの数字を重視するようです。

Up and DownとScrambleの違いがよく分からなかったので調べました。

Up and Down:パーオンしなかった時に寄せてグリーンに乗せて、1パットで上がること。つまりボギーオンでもダボオンでも1パットで上がればカウントする。これ、大事だな〜。
Scramble:パーオンしなかった時にパーまたはそれ以下で上がること。例えば寄せワンのパー、チップインバーディはカウントするけど、チップインボギーはカウントしない。

なあるほど!

いずれにしても、飛距離がないけれど白・青ティから長い距離をプレイしている女性は、物理的にパーオンできないホールが多々あるので、寄せワン時のパット数が大きくスコアを左右します。

というわけで、まずはパターを新調することに決めました。10年同じパターを使っていましたが、パターにもテクノロジーの進化が大いにあるはず。安易かな。いやいや、投資は大事よ^^。[/read]

Trackman Range

トラックマンは弾道計測器です。ゴルフの他に、テニスや野球の打球の解析にも使われています。TVのツアー中継でもだんだんおなじみになっていますね。もともとは軍事用に開発された、ミサイル迎撃パトリオットに使われる追尾システムなんだそう。厚さは5cm、30cm四方ぐらいのポータブルな機械です。計測するには、打席の後方2−3mのところに立てて置きます。光学式のカメラ計測とは違い、ドップラーレーダー方式を採用しているためお値段高くて、最新式のTrackman4は1台$18,995(209万円)から。きゃーっ。今日本のLPGAの選手たちがこぞってこれを買って練習に使っているそうです。

read more

LPGA Volvic Championship

木曜日の昨日、8時に起床、友人からテキストが。「アナーバーでボルビックやってます。横峯、上原、なんとかはるきょう(笑ー原文のまま)、畑岡も出るよ」。じゃあ行かなくっちゃ!LPGA Volvic Championshipの初日の観戦に行って来ました。

read more

Titleist University

アクシュネットグループは長年、アメリカのPGAとLPGAの女性メンバーをサポートしてくれています。Titleist, Vokey, FootJoy, Scotty Cameronの製品の支給とディスカウントをしてもらえます。私のような出稼ぎの身には、とってもありがたいシステムです。去年から恩恵を受けるにはTitleist University(オンラインセミナー)にパスすることが条件になりました。 read more

Play Ready Golf?!

ゴルフを始めたばかりの頃は、ラウンドは試練の場です。2、3本クラブを持って行け、走れ、早く打て、音を立てるな、視界に立つな…。ムリ。全部やるには忍者にならないと(笑)。

・ 2、3本クラブを持って行け:TRUE
・ 走れ:FALSE
・ 早く打て:△(素振り1回→いつものテンポで打つ)
・ 音をたてるな:TRUE(人が打つ時だけ)
・ 視界に立つな:TRUE(人が打つ時だけ)

read more